園での一日



 9:00

登園

 

自由あそび

元気に登園!門の前で、元気に「行ってきます!」を言った後は、「里の家かりん」で一日の活動の準備。準備が終わったら、烏骨鶏の小屋の掃除・えさやり・畑の手入れをしたり、絵本を読んだり、お友だちを迎え入れ一緒に遊んだり!朝のあつまりまで、それぞれ自由に過ごします。
 9:30 朝の集まり

 

季節の日課

・季節やその日の活動にあった絵本を読みます。

・「今日はどこへ行こうか、何をしようか」子ども会議が始まります。ちょっと我慢したり、ゆずったり、ゆずられたり…。自分の気持ちを伝え、相手の考えを受け入れ、人と関わる力を培う時間です。

・畑の手入れ、動物のえさやりなどを行います。

10:00

 

里山あそび 子どもたちは毎日、野外活動を行います。雨の日も、風の日も、自然の中であそぶことで、五感が刺激され豊かな語彙力や表現力が身に付きます。

12:00

ランチタイム(週に一回 野外炊事)

お昼になると、子どもたちは、芝生の上やログハウスなど好きなところでお弁当を食べます。午前中たくさん遊んでいるのでみんな食欲が旺盛。

13:00

自由あそび(グループ別の活動など)

お昼ご飯の後も子どもたちの遊びは尽きません。「次はこれをしよう!」午後からも森や里山で子どもたちは自発的にあそびを楽しみます。

14:00

 

14:30

おわりの会

 

降園

たっぷりあそんだ後は、絵本や紙芝居の読み聞かせの時間。子どもたちは心を落ち着かせ物語に集中します。最後に今日一日を振り返りお別れ。「明日もたくさん遊ぶぞ!」

野外炊事、登山やロングウォークに挑戦!

毎週一回、野外炊事にチャレンジ。薪割りから火おこし、包丁を使った調理まで、すべて子どもたちが担当します。また、登山はもちろん、年中児、年長児は年間60kmのロングウォークにも挑戦。ちょっとだけ難しい目標を苦労して達成しながら、子どもたちはたくましく成長していきます。

地域と連携した新しいスタイル

しんぐう里山ようちえんは、地元里山の方々の協力を得て開園したようちえんです。子どもたちは築100年以上の古民家を活動の拠点として里山の自然の中を駆け回ります。田んぼや畑、裏山のツリーハウス、ポニーやヤギなどが飼われている動物広場など、子どもたちがあそぶフィールドには里山ならではの恵まれた環境がいっぱい。地元の方々との交流も盛んで、地域全体で子どもたちの成長を見守ります。

園生活について

  • 休園日:土・日曜日、祝日、春・夏・冬休み
  • 制服:制服はありませんが、リュック、帽子、長靴、軍手、雨具などを各自ご用意いただきます。
  • 昼食:お弁当(週4日)、野外炊事(週1日)
  • おやつ:誕生日会などの行事、登山やハイキング時などの補助食(行動食)として、おやつを出すことがあります。アレルギーのある方はご相談ください。

通園ワゴン車

2019年度より千早方面からの送迎車を運行します。

  • 集合 : 千早周辺 : 8時40分頃・解散/千早周辺 : 15時10分頃
  • 定員 : 8名(月極のお子さんが対象ですが、定員に余裕がある場合は、単発での利用も可)
  • 負担金 : 1人1ヶ月5,500円(8月の運行はありません)
  • 単発利用の場合、1回の利用につき275円をご負担いただきます。
  • 運行ルート : 篠栗町「ふくおか森の家」(8:15/15:30)→→→東区・千早(8:40頃/15:10頃)→→→(香椎下原付近経由)→→→里山ようちえん(里の家かりん(9:00/14:40)

※ルート上でしたら、途中乗車・下車も可能です。


お問い合わせはいつでも受け付けております。資料のご請求・お問合せ・見学は無料。(※オプショナルプログラムは有料です)
お問合せはコチラより、お気軽にご連絡くださいませ。